私たちの理念

スポーツは文化である!

皆さんは、スポーツにどんなイメージを持っていますか?

身体を鍛えるもの・結果を求められるものというイメージが強いのではないでしょうか。

私たちエミネクロス・スポーツワールドは、スポーツを文化だと考えています。
文化とは英語でCultureですが、もともとCultivateつまり「耕し、豊かになる」という意味があります。私たちは、スポーツは心を耕し豊かにするもの、つまり、文化だと考えています。

もちろんスポーツには、身体を育てる、勝つ喜びという側面もあります。そして私たちはそれを否定する気は到底ありません。しかし、そちらばかりに目が行きすぎ、「スポーツは人を育てる」という広い価値を知る人が今の日本には少ない気がします。
勝てる人だけが続くのではなく、スポーツは人を育てる文化的活動だ、ということに一人でも多くの人に気づいていただき、スポーツ本来が持っている価値に多くの人が触れ合ってほしいと考えています。

スポーツとは医療・芸術・コミュニケーション・教育、つまり文化である


スポーツでQOLの高い人生を!

この文化的価値のあるスポーツから価値を得られるものは、2つの方法があると考えています。

一つ目は、スポーツそのものに触れること。
こういうと "スポーツをする" のみと、とらえられてしまうかもしれませんが、スポーツにはさまざまな触れ方があります。
具体的にいうと "見る・聞く・話す・読む・支える" です。
たとえば「見るスポーツ」。オリンピックでの選手の活躍を見て、私たちは元気をもらい感動します。これも立派にスポーツの価値を享受していることです。

また、パラリンピックでは「支えるスポーツ」の場面が多く見受けられます。
1人の選手に対し、その選手たちをサポートしている人々がたくさんいます。このスタッフたちは犠牲心で選手をサポートしているのではなく、彼らもまたサポートをすることで "元気・感動・仲間・成長" を得ているのです。このようにスポーツから "元気・感動・仲間・成長" を得る形は多様にあるのです。

もう一つは、社会・人間の縮図であるスポーツから生まれた考え方を活用すること。つまり応用スポーツ心理学です。
スポーツで勝つためには、実力を発揮するためにハイパフォーマンスでいることが重要です。そこで "フロー状態" という心のよい状態をもっていくために、"ライフスキル" という考え方を得ていきます。
この考え方には、QOLを上げるヒントが詰まっています。スポーツからこのような考え方を学び、人生に活かしていくことも、スポーツの価値なのです。

スポーツとは心とパフォーマンスの関係が明確な活動である


キーワードは元気・感動・仲間・成長

私たちが考えるスポーツで重要なキーワードが「元気・感動・仲間・成長」です。
スポーツは医療であり、芸術であり、コミュニケーションであり、教育であるという考えています。

そこから生まれたキーワードが、

医療=元気
芸術=感動
コミュニケーション=仲間
教育=成長

スポーツの現場では、この "元気・感動・仲間・成長" が足りていないことが往々にしてあります。
練習の雰囲気に元気がない、相手を思いやる気持ちがなく仲間を失っている…。

私たちは、この4つがなければスポーツではない!と皆が考え、"元気・感動・仲間・成長" にあふれるスポーツの現場をが増えることを望んでいます。そして "元気・感動・仲間・成長" があふれる社会づくりを目指しています。

スポーツの価値を提唱し続ける場所

スポーツは、だれでも持っている "心" を育ててくれる文化的活動です。
このようなスポーツの価値を発信し、そしてその価値を一人でも多くの人に感じてもらえるような活動を "エミネクロス・スポーツワールド" では行っていきます。
日本中、世界中が「やっぱり元気・感動・仲間・成長が大切だよね!」と言い合えるような社会になることを目指します。

皆様が、私たちの考えに賛同し、参加してくださることを、楽しみにお待ちしております。

  • この理念に賛同してTシャツを着ませんか?
  • 理事長スポーツドクター辻が語る理念